大西ケア・アカデミー

当アカデミーの教育理念は「地域における介護の醸成に努める」とし、旭川市はもとより東神楽町をはじめとする近隣市町村の介護士育成、雇用促進、雇用確保、また、当法人職員の指導者としての教育、さらに中長期を見据えたワークライフプランを描くためのキャリアアップの選択肢をもてる組織作りを目的としています。

介護職について

「ホームヘルパー」「介護職員基礎研修」「介護福祉士」の3つの資格が混在していたわかりづらい養成体系が整理され、介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士を基本に、将来ステップアップを目指す人にとって目標を立てやすい養成ルートになりました。

キャリアパス

▲ページトップへ戻る

介護職員初任者研修

在宅・施設を問わず、「介護職として働く上で基本となる知識・技術を修得する研修」で、ホームヘルパー2級研修の廃止に伴い後継資格として2013年4月からスタートした介護の資格です。 介護の仕事に従事していない方や資格未取得の方がはじめて受講する研修で、ホームヘルパー2級よりも実務に役立つ研修になっています。全くの未経験初心者でも取りやすく、できるだけ早く介護の現場で仕事したい人にはお勧めの資格です。

7つのサポート

大西ケア・アカデミーで介護職員初任者研修講座を受ける方への7つのサポートはこちらを参照してください。(PDF)

受講資格

年齢や学歴など受講資格は特にありません。
介護の仕事を始めたい方、介護職に就いているが無資格の方、ご家族の介護のために知識と技術を身につけたい方など実務経験がなくてもどなたでも受講可能です。

次回のご案内までもうしばらくお待ちください。

▲ページトップへ戻る

介護福祉士実務者研修

介護職員の質の向上とキャリアアップの仕組みが整備され、「実務者研修」が創設されました。 平成29年1月の介護福祉士国家試験の受験から、実務経験3年に加え、実務者研修の修了の受験要件が義務付けられました。 介護の仕事に携わろうとしている方や将来『介護福祉士』を目指す方、また、介護・福祉の現場で働きながらステップアップするには最適な研修です。 また、幅広い利用者に対する知識及び、医療的ケア(痰吸引や経管栄養の基礎知識を学ぶことができ、指定事業所内での実地研修を受けることにより、実際の喀痰吸引等が行えるようになります)など専門的な知識・技術の習得を目的としております。実務者研修は、初任者研修より研修時間が多いのですが、初任者研修よりスクーリング日数が少ないので、働きながら受講しやすいのもメリットです。

受講資格

年齢や学齢など受講資格は特にありません。
お持ちの資格によって受講免除科目と受講料が異なります。

年2回開講 随時受付いたします。

6月コース 12月コース
①6月1日~11月30日(全対象者)
②8月1日~11月30日(初任研又は1,2級保持者)
③11月1日~11月30日(基礎研修のみ)
①12月1日~5月31日(全対象者)
②2月1日~5月31日(初任研又は1,2級保持者)
③5月1日~5月31日(基礎研修のみ)

受講申込み書

受講料はこちら

▲ページトップへ戻る

医療的ケア教員養成講習会

医療的ケアの介護指導者を目指すため方向けの講座です。 具体的には制度概要、感染予防・安全管理、喀痰吸引や経管栄養に関する基礎的知識、実施手順及び指導・評価方法を介護職員等に対して指導方法のポイントを学習します。

修了後の活躍の場として

介護福祉士実務者研修の医療的ケアの講師
介護福祉士実務者研修修了者が受講する実地研修の指導看護師
登録喀痰吸引等事業者における介護福祉士に対する実地研修の指導看護師

受講対象者

医師、保健師、助産師、看護師資格の有する方(准看護師は対象外)

次回のご案内までもうしばらくお待ちください。

▲ページトップへ戻る

福祉用具専門相談員講習会

福祉用具のアドバイスや取り付け、調整等を行う専門員です。
経験のない方も基礎からしっかりと学べるカリキュラムで、実際の福祉用具に触れながらの講座なので安心して学習いただけます。

お勧めしたい方

福祉現場で働きたい方
福祉用具を扱う仕事がしたい方
初任者研修の資格にプラスしてスキルアップしたい方
福祉用具に興味のある方

平成31年1月10日(木)~平成31年3月20日(水)開講(PDF)申込み受付中

▲ページトップへ戻る

「初任者研修と実務者研修の どちらを受講しようか」と迷っている方へ

「介護職員初任者研修」をお勧めしたい方

介護・福祉業界での経験がなく基本からしっかり学びたい方
確実に一歩一歩経験を積んで介護福祉士を目指したい方
短期間に資格を取得したい方

「実務者研修」をお勧めしたい方

介護・福祉業界で働きながら「介護福祉士」や「ケアマネージャー」などの上位資格を目指して頑張りたい方
医療的ケアや高度な知識を学びたい方
サービス提供責任者になる予定の方
福祉用具専門相談員

▲ページトップへ戻る

連絡先

問い合わせ

〒071-1523 東神楽町ひじり野南1条10丁目1-6 (住宅型有料老人ホーム花時計内)
TEL/0166-74-5015 FAX/0166-74-5032
携帯/080-5835-3994 担当/杉山陽子

onishicareacademymap