ボツリヌス療法について

ボツリヌス療法について

ボトックス

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンと呼ばれるたんぱく質を有効成分とする薬を筋肉内に注射し、痙縮(けいしゅく)の改善を図る治療法です。
ボツリヌストキシンを筋肉内へ注射すると、筋肉の緊張をやわらげ、痙縮を改善することができます。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

痙縮(けいしゅく)について

痙縮

脳卒中の後遺症としてみられる運動障害の一つに痙縮という症状があります。 痙縮とは、意思とは関係なく手や足が勝手につっぱったり曲がってしまったりしてしまう状態のことです。 痙縮では、手の指が握ったままで開きづらい、肘が曲がる、足の先が足の裏側の方へ曲がってしまうなどの症状がみられます。 痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限されてしまう拘縮(こうしゅく)という状態に陥り、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあります。

ボツリヌス療法の効果について

ボツリヌス療法によって、次のような効果が期待できます。

  • 手足の筋肉がやわらかくなり、曲げ伸ばしがしやすくなることで、日常生活動作の制限が軽減されます。(手を洗いやすくなる、装具がつけやすくなる、くつが履きやすくなる、など)
  • リハビリテーション(ストレッチ含む)を行いやすくなります。
  • 関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます(拘縮予防)。
  • 痛みをやわらげる効果が期待できます。
  • 介助の負担を軽減することが期待できます。(着替えの補助、衛生ケアがしやすいなど)

▲ページトップへ戻る

ボツリヌス療法の進め方について

まずは診察をし、治療方針と目標を設定します。現在は主に上肢の痙縮ついて治療をしています。ボツリヌス療法の効果は、注射後2-3日目から徐々にあらわれ、通常3-4ヶ月間持続します。その後、数週間で効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に2-4回、注射を受けることになります。ただし、治療効果や持続期間には個人差があるので、医師とリハビリの先生と相談をしながら治療計画を立てていきます。ボツリヌス療法はボツリヌス注射のみでは効果が不十分のことが多く、自宅や病院でのリハビリも大切になってきます。リハビリの先生の診察・評価・助言も含めて行っていきます。

▲ページトップへ戻る

ボツリヌス療法を希望される方は

ボツリヌス療法を希望される方は、事前に渡邊一哉医師の脳神経外科外来を受診してください。医師が患者さまの症状を判断した上で、ボツリヌス療法の治療日を決定いたします。
事前に渡邊一哉医師の外来診察日をご確認の上、ご来院ください。

大西病院 電話番号 0166-26-2171

もっと詳しく知りたい際には

▲ページトップへ戻る